facebook
トップ オリジナル自分史 江戸しぐさ 自己プロデュースコース 講演・研修講演 講師プロフィール パブリシティ情報 お問い合わせフォーム ゆなさブログ

マイストーリー

感動の贈り物 マイストーリー、夫婦メモリー


マイストーリーとは?

伝えきれない想いや、思い出を1冊の本に
モノがなかなか手に入らず、豊かさに憧れを持っていた昭和の時代。
反面ではいつも家族が近くに感じられました。隣近所とのふれあいも多く、
いつも誰かが見てくれていて心でつながった時代。
昔からの知恵やおじいちゃん、おばあちゃんの若い頃の話は
自然と耳に入ってきていたものでした。
その中には若い世代がこれから経験する困難を克服するためのヒントがたくさんありました。
「あぁ、あの時教えてもらっていてよかった」
そんなことを体感しながら現在の豊かな社会発展を支えてこられた方々がたくさんいます。
核家族化がすすみ、共働き、少子高齢化、IT化が進化した今、
本当に伝えたいことは伝えられているでしょうか?
あなたの大切な経験を次世代に引き継いで行っているでしょうか?
そんな大切な価値ある経験を私たちは
「ゆなさスタイル マイストーリー」
としてカタチに残すことを使命として、これからの希望と夢にあふれた未来を
つくっていこうと動きはじめました。
まずは、あなたのこれまでの人生を振り返って世界にたった1冊の本にしてみませんか?
また、息子・娘から親孝行として「母の想い」「父流の生き方」を形にしてみませんか?



マイストーリー制作のきっかけになった、浜田の母の物語…続きはこちら





ゆなさスタイル「自分史」「夫婦メモリー」
思い出の写真とともにまるでスターのような仕上げで
読み継がれてゆく財産として…

こんな方におすすめします

昨今、終活、エンディングノート遺言・相続などがブームになっていますが、まずは自分の人生のたなおろしをして、仕事や家族との絆を見つめなおしてみませんか?
こんな方に


ゆなさのポイント3
インタビュー・原稿作成・写真・デザイン、全てゆなさにお任せ下さい!
ゆなさのミラクルポイント


プロがやさしく丁寧にインタビューします。

     
 
自分史プロデューサー
浜田 安代
  自分史ディレクター
関戸 秀子

プロのライターがあなたに代わって文章をつくります。

 
専属ライター
坂口 奈保美

今、テレビや新聞で話題のスタジオビタミンの「ライフフォト」でとびっきりの笑顔を引き出します。

 
フォトグラファー
Photo Studio Vitamin
代表 明石 一矢、小ア 香魚美
Photo Studio Vitamin ホームページ


カッコよく、スタイリッシュな出来栄え

風格がある、ステキなデザインはもちろん、女性ならではの観点でカッコよく、
オシャレでスタイリッシュな出来栄えです。
お気軽にご要望をお伝えください。


それぞれの人生にあわせた3つのスタイル
ゆなさスタイル自分史 マイストーリー

人生はドラマ…そしてあなたが主役です

ゆなさスタイル マイストーリー 十人十色のそれぞれの人生、時が過ぎて人生を
振り返ってみませんか?
幼少期の思い出、家族、故郷、友人、
大人になって出会った人など…
胸の奥底に眠っている思い出や道のり、経験、言葉では言い尽くせないメッセージを思い出の写真と共に1冊の本にします。

「生きた証」を子供へ、そして孫へ伝えたい
「人生のたな卸」をしてみたい
・子供や、孫の「人生の羅針盤」としてマイストーリーを伝えたい

「マイストーリー」は、自分のために…
「マイストーリー」は、誰かのために…



ゆなさスタイル夫婦メモリー

赤い糸で結ばれた二人の物語

星の数程の中から選ばれた二人の縁…合縁奇縁
順風満帆、波乱万丈…二人にしか分からない夫婦道
なかなか言えなかった感謝の言葉、もっと話したいかけがえのない人生のパートナー。
ゆなさスタイル「夫婦メモリー」が夫婦の絆を本にします。

・長年連れ添った妻に「心から感謝」の気持ちを伝えたい
・苦労をかけた両親へ、「最高の贈り物」を届けたい

夫婦メモリー
夫婦メモリー中身




ゆなさスタイルマイプロフィール

人をひきつける自己紹介本

マイプロフィール物や情報があふれる今、物よりも自分を売る時代です。
「会えてよかった、又会いたい」と言ってもらうためには肩書きや、名詞だけでは伝わらない。人柄や想い、メッセージをストーリー仕立てでスターのようにブランディングします。
待合室や営業ツールとして活躍します。

「自分自身をブランディング」して、もっとアピールしたい
・節目の記念のプレゼントに




ページTOPへ戻る

マイストーリー講座開催中


制作スケジュール



スマイルアルバムプレゼント

ページTOPへ戻る




  自分史を創った動機…人生誰でも一生の中には個々の生き方があり、自分はこの世に生を受けてから今日まで 数々の心に残る苦しい時又希望に満ちた時、自分が想う道を歩いたというより、その時代、 その時の自己判断により歩いたことを自分史として創って残すことを考え…
続きはこちら

 

70年走り続けた人生・・・仕事を退いて立ち止まった時、浜田先生の自分史創りを知りました。誰に伝えるでもなく人生の節目に過去を振り返りこの人生が自分らしい表現で芸術されてきたか顧みる必要があるように思いました…

続きはこちら

  生まれたときからの振り返りにより、今まで私を生かしてくださった方々。経営を譲ってくださった父達の苦労を考えとても感謝の気持ちは深くなりました。父達に優しい言葉をもっともっとかけてあげれば・・・
続きはこちら

  出来上がってみて子供達がこんな目で私を見てくれたのかと感動で涙があふれました。
仕事に追われ子供達をかまってやれない辛い状態だったので、どこかで後ろめたさがあったのですが・・
続きはこちら

  先代から会社を引き継いだ当時は大変な苦労でした。社長になった主人は大好きな酒もタバコも辞めて寝る間もけずって楽器修理に明け暮れ、無理がたたって病院に担ぎ込まれるのも度々でした…
続きはこちら

ページTOPへ戻る

推薦します


白木正四郎氏
人生120年時代の到来です。還暦は半分の人生のスタートです。
還暦を機にちょっと立ち止まり自分の人生の経験や学んだ事を子供や孫達に伝える自伝を
本にして残す事は素晴らしい事だと思います。
ゆなさスタイル「マイストーリー」は浜田さんの女性ならではの感性で写真も多くソフトッタチでとてもおしゃれですね。


自分史というものは、世の中に名を残した方、特別な人がつくるというイメージでしたが、仕事柄「老人介護施設」でたくさんの高齢の方々と向き合うとその方のドラマが見えてくる気がします。
人はいつか老い、病いそして人生の最終章を迎える・・・
当たり前なのですが、そんな現実を体験して思うことは日常のお世話以外に何か出来ることはないだろうかと・・・
そんな折に「ゆなさスタイル マイストーリー」を知りました。
出来るならば皆さん一人ひとりに創ってあげられたらどんなに喜ばれるだろうと思いました。
本人だけでなく、家族のためにも・・・
今の日本のテーマである絆をつなぐのにぴったりではないでしょうか?
インタビュー、ライター、写真も全てプロデュースしてくれるのなら、どなたでも気軽に創れて嬉しいですね。
介護支援専門員 吉田 雅子さん  


小職は、これまで200人以上の方の遺言書の作成のお手伝いをしてきました。相続人が争いにならないように、元気なうちに遺言を書いておくことを進めてきました。遺言書は相続人が法律上争いにならないようにするための書面で、相続のときに必要なものです。
しかし、遺言書を読んでも相続人すなわち家族にとって無味乾燥な文章です。
ところが、「ゆなさスタイル自分史マイストーリー」は違います。
それは、本人の歴史や、想いなど生活観溢れる文章で綴られた叙事詩なのです。
「マイストーリー」は、家族の中で永遠に読み継がれる人生のバイブルなのです。
つまり、家族の絆を「マイストーリー」は、繋いでくれます。

行政書士・遺言、相続、成年後見アドバイザー 水田 耕二氏

 

ページTOPへ戻る

CopyRight© ゆなさ塾 All Rights Reserved.