●自分史を創った動機

人生誰でも一生の中には個々の生き方があり、自分はこの世に生を受けてから今日まで数々の心に残る苦しい時又希望に満ちた時、自分が想う道を歩いたというより、その時代、 その時の自己判断により歩いたことを自分史として創って残すことを考え、特に自分にとっては波乱万丈の人生であり、公務人生40年を記したいとの想いから。

●製作中に気付いたこと、感じたこと

自分史を創るにあたって自分の想いをそのままに伝えても、なかなか難しい面(表現)もあったが、浜田様を始めスタッフ皆様の献身的かつ熱心なお支えに対し感謝をいたしております。

●出来上がったマイストーリーを手にした感想

自分史を手にした時、人生76年間の生きざまに、手前味噌ではありますがここまで歩いて来たことに大きな誇りと喜びを感じました。特に妻を始め家族、地域の方々に改めて心より感謝しています。

●「ゆなさ」さん江

浜田社長さんが私の気持ちや家族の雰囲気を充分に読み取って創っていただいたことに心から感謝申し上げます。併せてライターさんやフォトグラファーさんなど製作に関わられたスタッフ皆様のクオリティーの高さに感心させられました。
「ゆなさ」様の益々の発展と飛躍を願っております。


 

                平成26年6月18日

寺澤 優國